タイムトリッパー

このクソ部長、自分の気に入らないことを少しでも言うと、途端にその憂さ晴らしの先を言った先に向けやがる。

(ただし、男連中のみ)

 

今回は、自分の時系列で動いていることを、さもお前も知ってて当たり前だろ的な言われ方をされましたよwww

 

事の発端は、これだとレイアウトが少し古いよねと、いった話をほろりほろりとした後に発生。

 

憂さ晴らしの先を別のクライアントの話にすり替えて、こちらへの攻撃。

 

S部長:

サムネイルの画像のサイズに150%のサイズ設定がかかっているんだけど、これはなんで?

 

そりゃあアンタ、元々画像のサイズがまばらで、普通の横長・縦長、パノラマいろいろ混在してたからだよ。

そんな画像のサムネイルは、常に写真の真ん中らへんを見えるようにして、周囲の部分をカットするように見せるしか綺麗にする方法ないじゃん。

固定したサムネイルボックスの画像の縦横センタリングのため、と、とりあえずのところさわりだけは言ったが・・・。

今度は時系列とかをキンクリした発言が俺に返ってきた。

 

S部長:

4:3の画像に直すことは前にも言ってたよね?もうその作業終わってるし。

 

ああ。一応、横長に統一することは前に聞いてはいた。

でもな。

 

画像の比率が4:3だとか、その画像への入れ替えが既に終わっているなんて情報は俺はまったく聞いていないんですが?

 

このクソS部長、時間が全部自己中心で回っていると思っているようだ。

報告連絡相談の基本的なことができていないのに、こっちに知った知らないの論理を振りかざさないでほしいね。

 

その論理は時系列が抜けたらその時点で破綻する。

まさしく、タイムトリッパー。

 

もはや今更だが、クソ部長になんか言われるときはもう大体が「はい、直します(棒読)」で終わってる気がする。

今回もこの例に漏れず、ああ直しますー(棒)、ああ直しますー(機械的)で返答。

 

S部長:

直すじゃなくて理由をちゃんと説明して欲しいんだけど。

 

いや、お前がまともな人間で人の話をちゃんと聞く人間であれば理由はちゃんと話します。

それでも結局理由を説明してもアンタ、ヒステリックに感情的に話して自分の意見しか通さないつもりでしょ?

 

まぁ、そんな野郎と話す時間がまずもって無駄だ

それだったら早々に会話を切り上げて直したほうが話は早い。

 

これまでの経験上、それはよーくわかっているので。

これが一番の処方箋。

カテゴリ

この記事のコメント

コメントはないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です