Railsでパスワードのハッシュ化にPHPのcrypt関数的なことを行う

よくPHPでパスワードの文字列をハッシュ化してデータベースへ保存したり読み込んだりするために、crypt関数を使ったりしていた。

だが、Ruby on RailsだとmodelでDBのカラムを持たせずにパスワードを出し入れする方法はあれど、PHPのcryptに相当するようなメソッドが見当たらないみたいだった。

 

連番とかをつけたりするような順次処理とかはmodelを使って定義したほうがいいかもしれないけど、この手の保存と読込ってコントローラー側の方で制御できたほうが何かと便利なんだよね。

 

なので、そこまで高度なコードでもないのでRailsのコントローラーの共通メソッド置き場であるapplication_controller.rbに以下のコードを追加して対応することにした。

class ApplicationController < ActionController::Base
~~~
  SALT = 'SALT'
~~~
  def crypt(string = 'string', salt = SALT)
    return Digest::SHA1.hexdigest("#{salt}#{string}")
    # return Digest::MD5.hexdigest("#{salt}#{string}")
  end
~~~
end

SHA1とMD5は好きな方でいいと思う。

Railsだとrequire ‘digest/sha1’とかrequire ‘digest/md5’とかモジュールを読み込まなくても動くのね。Ruby単体だと動かなかった記憶あるけど。(うろ覚え)

saltの引数の初期値はとりあえず定数SALTにしておいた。データベースの作成日とかをテーブルに記録しておいて、それにすげ替えてもいいのかもしれない。

 

コントローラー側ではこのように使用する。

class UsersController < ApplicationController ~~~ def methodname # 書込例 User.where(:user_id => session[:user]).update_all(
      :password => self::crypt(password, '【ソルトの文字列】')
    )
    # 比較例
    user_data = User.find_by(:user_id => 'cattlemute')
    password = self::crypt(【POSTとかで飛ばしてきたパスワード文字列】, '【ソルトの文字列】')
    if password === user_data.password
      【一致のとき】
    else
      【不一致のとき】
    end
  end
~~~
end

 

定数で代替文字列入れてるからsaltの指定は任意。

つーかいちいち指定するのめんどうくせぇな。しょうがないけど。

 

PHPのcryptだと関数がsaltを自動生成してくれるので、同じようにしたいところだけど、リアルタイムの日付とかにしちゃうと値をDBへ保存したのと比較するときに不都合が出るんだよなぁ。

まぁ、本家でもsaltの入力は推奨されてるからとりあえずはいいか。

 

あとは、本家のcryptと同じだけど、飽くまでハッシュ化なので復号化はできないので注意。(そもそもハッシュ化と復号化は対義語ではないけど)

カテゴリ

この記事のコメント

コメントはないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です