ぼやきと楽天カートのアンカーボタン

ああああああ!!!!

手作業・・・手作業・・・っ!!!

楽天の商品登録に手作業とかマジかよ・・・

 

ついでだから、楽天のカートボタン設置のコードを記録しとこう。

 

デフォルトで付いているアンカーボタンは止まって欲しいところで止まらないため、ちょっと使い勝手が悪かったりする。

で、よくあるのが、大本のボタンをCSSで消して商品説明文なり商品販売説明文なりにアンカーボタンを設置するというパターンだ。

だが、これだと全部の商品に同じボタンのコード入れなきゃいけないため、字数制約かつかつのときに邪魔になる悩みモノ。

なので、共通テンプレートに設置できるコードを作成した。

 

<!doctype html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>商品ページ用カート制御</title>
<script>
var ref = document.referrer;
var src = '<img src="http://image.rakuten.co.jp/xxx/cabinet/folder/cart_icon.gif" border="0" />';
var str = '';
var url = '';
 
if(ref.indexOf('item.rakuten.co.jp/') != -1
 && ref.indexOf('/c/') == -1
){
 str = ' style="display:inline;"';
}else{
 str = ' style="display:none;"';
}
var url = '<a href="'+ref+'#anc_cart"'+str+' target="_parent">'+src+'</a>';
 
document.write(url);
</script>
</head>
<body style="margin:0;padding:0;"></body>
</html>

 

以上のコードをcart.htmlとでもしてgoldに設置し、あとはRMS側の共通テンプレート内にiframeで読み込んでposition:fixedを設定すればおk。

 

iframe読込元のリファラを参照して商品ページの時にのみボタンを表示するようにしてあるので、このコード単体だけで動作する。

カテゴリ

この記事のコメント

コメントはないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です