プログラムってやっぱ面白い。作っていて楽しいってすごく大事(´・ω・`)

PHPでURIパラメータを照合したメソッドの呼び出しを、環境によって変動するシステムルートに対応させる

独自のフレームワークを開発する際に、URIパラメータよりMVC分離における各メソッドを呼び出す処理に頭をひねったときのメモ。

システムを設置するディレクトリが導入環境により不定である(ドメイン直下やサブディレクトリのどこに配置するかが場合によって変動する)場合に、URIパラメータを照合したメソッドの呼び出しを割り出すのに非常に有効だと思ったので掲載することにした。

今回はわからない人にはわからなく、わかる人にはわかるようなそんな記事内容。

Slickを利用して画像が徐々にズームしていくエフェクトをかける

通常のスライドショーを行う際に、自分はよくSlickを利用している。

で、少し前に少し大きめの案件が入った際に、画像を徐々にズームをしていきたいといった要望があった。

 

まぁ普通に考えたら単純にズームをかけていく場合、Slickを使わずともJSで順繰りに要素へズーム用のCSSクラスを付与していけば良いだけなのでそこまで難しいものでもない。

・・・が、Web制作は魔法のように何でも出来ると考える諸氏諸々に、更に後付であれもあれもと要望がくると非常に鬱陶しいので、今回もSlickにお世話になった。

 

今回はこれを利用して画像が徐々にズームしていくエフェクトを作った際に書いたコードを、またもメモがてら掲載しようと思う。

MySQLでALTER TABLE ADD PRIMARY KEYを行った際の謎仕様

自前で使いやすいようにSQLの実行をPHP側にフレームワーク化したく、不定期にコードを書き続けているのだが、サイト制作関係の仕事で期間が空いてしまったためだいぶ頭が呆けていた。

 

今回はMySQLでのALTER TABLE ADD PRIMARY KEYを行った際のMySQLのよくわからない謎仕様に対するぼやき。

久しぶりの更新だというのにほとんどメモの文面になってしまうことはご容赦。

position: fixedのヘッダーでContact Form 7 add Confirmのスクロール位置を調整する小ネタ

年末と新年あけましては完全に地獄だった。

31日まで体力と精神力を完全に仕事にスポイルされ、3が日は反動で正直身体がガタガタ。

その中、29日だったか30日だったかに深夜の作業で、position: fixedしているヘッダーがContact Form 7 add Confirmで送信内容を確認する際ののスクロール位置にかぶってしまうことに気付いた。

正直いらんことに気付いてしまったな、と思ったけど。(まぁ、普通のアンカーリンクとかも同じ事象が起きるから今更ともいえる話。)

 

気付いちまったものは仕方ないから、頭に負担をかけない形でサクッと終わらせようと思った。

PHP+MySQLのALTER TABLEで外部制約キーを設定する際にエラーが発生したら確認すること

最近はホームページ関係が忙しく、それしか触っていなかったが、やっと少し落ち着いてきて久方ぶりにゼロベースのPHPを触った。

データベース(MySQL)周りの処理をちょちょっと書いていたのだが、PHPからMySQLにALTER TABLE ADD(DROP) CONSTRAINT FOREIGN KEYの処理を流す際にエラーが発生し、「あれ?」となったことがあったので覚書きしておく。